【ゼルダの伝説 Ⅰ】戦闘と伝承謎解きがはまる流浪人の冒険譚

「ゼルダの伝説 Ⅰ」タイトル

伝説も必ずしも伝説がない時期がある。

努力で伝説となるか。

運命が伝説を選ぶか。

たまたま伝説となったのか。

伝説となるは名誉かもしれませんが、それまでの死にそうな物語と巡り合わせを考えると地獄を這い上がった名誉ですね。

伝説になるには危険とインパクトが重要。

今回紹介するレトロゲームは流浪人の少年が伝説となる物語です。

タイトル販売元開発元発売日フォーマットアーカイブス
「ゼルダの伝説 Ⅰ」表紙 「ゼルダの伝説 Ⅰ」裏表紙

・ゼルダの伝説 Ⅰ

ジャンルアクションアドベンチャーゲーム

プレイ人数1人

・任天堂

・セント・ギガ(SFC版)

・任天堂

・1986年2月21日(FCDS版)

・1994年2月19日(FC版)

・1995年6月7日(SFC版:【BSゼルダの伝説】でサテライトビューの放送ゲームとして配信)

・2001年12月14日(GC版:【どうぶつの森+】に収録)

・2004年3月18日(GBA版)

・2004年3月18日(GC版:【ゼルダコレクション】に収録)

・2006年12月2日(Wii版:バーチャルコンソールで配信)

・2011年12月22日(N3DS版:バーチャルコンソールで配信)

・2013年8月28日(Wii U版:バーチャルコンソールで配信)

・2016年11月10日(NCMFC版:ゲーム本体に内蔵)

・2018年9月19日(NSW版:ファミリーコンピュータ Nintendo Switch Onlineで配信)

・FamilyComputerDiskSystem(ファミリーコンピュータディスクシステム)

・FamilyComputer(ファミリーコンピュータ)

・SuperFamicom(スーパーファミコン)

・NintendoGamecube(ニンテンドーゲームキューブ)

・GameboyAdvance(ゲームボーイアドバンス)

・Wii(ウィー)

・Nintendo3DS(ニンテンドー3DS)

・Wii U(ウィーユー)

・NintendoClassicMiniFamilyComputer(ニンテンドークラシックミニファミリーコンピュータ)

・NintendoSwitch(ニンテンドースイッチ)

・有

・Wii、N3DS、Wii U:バーチャルコンソール

・NSW版:ファミリーコンピュータ Nintendo Switch Online

本作のセールスポイント

・「ゼルダの伝説」の伝説の始まり。

・広大なフィールドを冒険できる。

・迷宮のアイテムを使った謎解き要素が満載。

ストーリー

遠い昔、-世界がまだ混迷の時代-

ハイラル地方にある小王国には、神秘の力を持つ❝トライフォース❞と呼ばれる黄金の三角形が、代々伝えられていた。

が、ある日、世界を闇と恐怖によって支配しようと企む大魔王ガノンが率いる魔の軍団がこの国に攻め込み、❝力❞のトライフォースを奪った。

邪悪な支配を恐れた小王国の姫ゼルダは、もう一枚残された❝知恵❞のトライフォースを守るため、それを8つの小片に分け、各地に隠した。

と、同時に、最も信頼のおける自分の乳母インパに、ガノンを倒してくれる勇気ある人物を探すように命じ、秘かに脱出させた。

これを知ったガノンは怒り、姫を捕えてインパに追手を放った。

森を抜け山を越え、必死の逃走を続けたインパだが、ついに力尽き、ガノンの手下達に囲まれてしまった。

絶体絶命!・・・・・・と、その時である。

一人の少年が現れ、巧みに手下達を混乱させ、インパを救いだしたのだった。

彼の名はリンク。

旅の途中でこの事態に出くわしたのだ。

インパは彼に事の一部始終を話した。

正義感に燃えるリンクは、姫の救出を決意したが、❝力❞のトライフォースを持つガノンに対抗するためには、ぜひとも❝知恵❞のトライフォースの小片を集め、完成させなくてはならない。

さもなくば、ガノンの住む❝デスマウンテン❞に侵入することすらできないのだ。

果たしてリンクはガノンを倒し、姫を救うことができるだろうか。

それは君の腕にかかっている。

「ゼルダの伝説 Ⅰ」説明書より

 

左利きの戦士が新たな伝説に出会ってしまった

「ゼルダの伝説 Ⅰ」バトル3

リンクを主人公として「ゼルダの伝説シリーズ」の第一作目。

リンクは流浪人で剣と盾を使いながら旅を続ける少年。

任天堂の看板キャラクターと知られていますが、ゼルダの伝説をテーマにしたゲーム作品シリーズですが、その功績から「リンクの伝説」としても良いのでは思う程の活躍っぷりを見せてくれます。

本作の目的は欠片となった知恵のトライフォースを集めること。

「ゼルダの伝説 Ⅰ」バトル1 「ゼルダの伝説 Ⅰ」バトル7

トラフォースを集めるにはハイラルの地、森や山を駆け回り時にはダンジョンに潜り地下迷宮を攻略する必要があります。

「ゼルダの伝説 Ⅰ」バトル12 「ゼルダの伝説 Ⅰ」バトル13

ゼルダの伝説は見下ろし型のフィールドを移動しトライフォースの欠片がある地下迷宮を探し攻略していきます。

まずは地上を探索し迷宮の入口を見つけることから始まります。

「ゼルダの伝説 Ⅰ」バトル15

主人公リンクはトレードマークであるお馴染み剣と盾を引っさげて冒険に出発します。

「ゼルダの伝説 Ⅰ」バトル2

剣は振ることでダメージを与えることもできますが、ライフがマックスのときにビームが出て遠距離攻撃を行うことができます。

ビーム攻撃は攻略に有効なのでライフ管理も重要です。

盾は敵からの正面攻撃を防ぐことができます。

「ゼルダの伝説 Ⅰ」バトル4

見下ろし型のプレイ上リンクの移動によって方向転換が行われる状況でシールドを構えながら敵の正面どりすることが重要です。

また「マジカルシールド」を入手することでより多くの攻撃の種類を防ぐことができるため立ち回りをする上で選択肢が増えます。

そんなシンボルを携えながら、知恵のトライフォース集めと言うだけあって知恵を使って攻略していきます。

剣と盾はあくまで攻撃と防御、攻略にはアイテムを知恵を振り絞り上手く使い道を切り開いていく必要があります。

アイテムは有利に物語を進めるだけでなく、リンクの進む道筋に必要なアイテムや迷宮の謎を解くために必要なものがあります。

「ゼルダの伝説 Ⅰ」バトル5 「ゼルダの伝説 Ⅰ」バトル6

特に「爆弾」は敵に攻撃にも使えますが、隠し壁を破壊して隠しアイテムや迷宮への入口を発見することができます。

隠しアイテムの中には「ハートの水筒」というライフの上限を増やしてくれるアイテムがあるので取得しておくと攻略が楽になります。

爆弾を使いいろんな場所を爆破してみましょう!

「ゼルダの伝説 Ⅰ」バトル8 「ゼルダの伝説 Ⅰ」バトル11

迷宮を攻略するにはブロックごとに敵を倒していき鍵を手に入れましょう。

鍵を手に入れた分だけ鍵のかかった部屋を進むことができます。

「ゼルダの伝説 Ⅰ」バトル9

これを繰り返し、ボスの部屋までいき、ボスを倒してトライフォースの欠片を手に入れましょう。

そして鍵と同じぐらい重要なのが、「マップ」と「コンパス」。

迷えるダンジョンでの頼りとして迷宮内の構造を把握して攻略することができます。

「ゼルダの伝説 Ⅰ」バトル10

これを8回繰り返しトライフォースを集めて宿敵「ガノンドルフ」に挑みましょう。

そしてなんとクリア特典として2週目は高難易度の「裏ゼルダ」が遊べるようになるので1度で2度おいしい仕様になっています。

まとめ

「ゼルダの伝説 Ⅰ」バトル14

本作はゼルダの伝説シリーズ、特に携帯ゲームシリーズのゼルダの伝説作品で良く用いられる真上からの見下ろし型。

3D作品のゼルダの伝説から始めたかたはあまり馴染みがないかもしれません。

ですが、平面のゼルダならではの謎解きやアクション。

もしかしたら初心者には平面の方がバトルアクションの難易度は下がるので、謎解きを楽しみたい方はFC版、SFC版、GB版のゼルダの伝説シリーズがオススメです。

それでは次もね~

関連記事(一部広告含む)

「ゼルダの伝説 Ⅰ」タイトル

よろしければシェアお願いします!