交響詩篇エウレカセブンハイエボリューション1 感想

こんにちは、DAISUKEです。

交響詩篇エウレカセブンの劇場版を鑑賞してきました。

劇場版3部作の「交響詩篇エウレカセブンハイエボリューション1」がついに公開になりました。

ちなみに劇場特典のステッカーはこれでした。

かっこいいしiPadの裏面カバーにでも貼ろうかな。

交響詩篇エウレカセブンとは

交響詩篇エウレカセブン」はテレビアニメが2005年放送されたロボットアニメ。

2009年には設定が少し違ったパラレルワールドとして描かれた「交響詩篇エウレカセブン ポケットが虹でいっぱい」が公開。

2012年にはテレビアニメ本編の続編として「エウレカセブンAO」が放送された。

今回はそのテレビアニメ版の設定が少し変更され今まで明かされなかった過去を映像化したもので、主人公の父親、アドロック・サーストンがいかにして英雄と呼ばれるようになったか。それを受けて息子のレントンがいかな境遇としていき、成長していくかがテレビ版を再編集して構成されています。
サーフボードに乗り風を捕らえ空をロボットが駆け回るデザインが当時は凄く斬新でスタイリッシュでかっこいいアニメです。
スタイリッシュだけど物語はとても泥臭いボーイミーツガールがテーマとなっています。

まさかテレビアニメ版放送から12年、今や成人した私がまた新たにエウレカセブンの新しい側面に触れる日がこようとは夢にも思いませんでした。

しかし、いちいちデザインがかっこいいんですよね。各話のタイトルがおしゃれであり、大災害の名前が「サマーオブラブ」ですよ!!Aパート・Bパートに切り替わるときのロゴもかっこいいし音楽もスタイリッシュでなによりキャラクター・メカニック・世界観がとてもスマートでキレイなんですよね。

主人公のレントンは良くも悪くも思春期っぽさがあり、情けなくただ真っ直ぐで井の中の蛙間がある中で世界を見て成長していく姿がワクワクさせられます。


エウレカ見てすぐポッてなるし、思春期の男子バリバリですね。

ヒロインのエウレカは非常にクールで世間知らず、専用機体ニルヴァーシュの心はわかるが人の心には鈍感。しかしレントンと関わることでどんどん人間らしさと女の子らしさが増していく姿にドキドキします。

物語のキーとなる機体「ニルヴァーシュ」かっこいいですよね!!

ハイエボリューション1の見どころ

今作の見どころはなんと行っても本編では世界を救った英雄としてのみ紹介されたレントンの父アドロック・サーストンがバリバリ動いている!!これだけでも驚きなのですが、そこじゃないよ!!大災害「サマーオブラブ」から世界を救った背景が描かれる。本編では近代史として語り継がれていますが実際にどのような救ったまでは描かれていません。
また3部作構成ということで、それぞれの物語を紡ぎながらどこの物語が集束するのかを考えることも楽しみの一つです。

感想

私の感覚なのですが新規映像3割、再編集構成は7割と一見もの足りない感じはしますが、本編でも涙腺崩壊必至の話しレイ・チャールズ夫妻との温かい物語が中心となっており、本編ファンなら感動間違いなしです。
私が今回ハイエボリューション1で受けた印象はサマーオブラブの真実ではなく、生みの親アドロックと育ての親レイ・チャールズ夫妻が主人公のレントンにどのように影響を及ぼし成長して決意していくのかがテーマだと感じました。

アドロックはレントンの小さい頃に死んでしまったため何もしてやれなかった後悔、しかし本当にレントンが可愛くてしょうがないことが伝わってきます。

レイ・チャールズ夫妻は思春期で暴走しがちなレントンを温かく見守り、本当の息子のように接し、どんなに周りがレントンを否定しても信じ味方でいてくれる存在です。

レイ・チャールズ夫妻の本編で描かれた核心まで迫ることはしていませんでした。個人的にはそれで良かったと思います。レントンにとって夫妻がどのような人物だったかそれだけで充分夫妻の人となりと愛情が伝わってきます。

そのため新規の方は凄くヒロインのエウレカ分が少ないのが残念であるかもしれません。
ゲッコーステイトメンバーとの話しはほぼ皆無でしたね。おそらくそこは2、3と描かれていくのかな?

テレビ版の映像の編集といいましたが新規映像自体は作画技術・背景・美麗映像は進化していましたし、表現はあの当時のままでテレビ版と比べても違和感はありませんでした。これこそ時代が過ぎても色あせない良さというものがエウレカセブンにはあるのだと再認識しさらにこの作品が好きになりました。

まとめ

新規の方にはそれがどのような状況か想像しにくい構成でした。しかし話しの軸はしっかりしていて世界観は伝わり憎いがテーマは非常にピンポイントに描かれています。
テーマは親子愛このように私は思いました。
個人的には本編の育ての親レントンのじいちゃんの気持ちが少し聞ければ良かったですね。アドロックとレントンの育ての親だけにどんなことを思い、感じてきたのか。その辺は本編で描かれているか…

ともあれ、レントンの周りは親兄弟が不遇なため今回のテーマはファンとしは非常に満足な内容でした。次ハイエボリューション2ではメインビジュアルはアネモネなのでアネモネ話しかな?個人的には大好きなキャラなので楽しみです。次のテーマはアネモネだとテーマは「真実の愛」とかですかね。人の善良な心真っ直ぐな心に触れてこなかったアネモネが気付く真実の愛…臭いですかね?
ただエウレカセブン自体がボーイミーツガールの成長がテーマなので愛が関係が深まるという視点は間違いないかなと思います。

今作はとても愛情と出会いと別れを様々な視点で描き、それぞれの道に決意を持って選択していく主人公心の成長がまるで私たちも通ってきた様々な道をレントン一人で人の人生をいくつも経験しているような非常に考えさせられる作品でもありました。ぜひ皆さんも観てみてください。

また次回のハイエボリューション2も今から楽しみですね!!

それでは、次もね〜

 

よろしければシェアお願いします!