粗削りだが新時代の映画上映!4DXの魅力を体験してみた 映画のネタバレ無し

4DX感想

こんにちは、DAISUKEです。

 

最近映画館に足を運ぶ人々も減ってきた中で作品の良しあしもありますが、映画館運営で独自のサービスを取り入れている映画館もあります。

一昔前も「チャーリーとチョコレート工場」という映画で実際にチョコレートの臭いがする演出もありました。

3Dメガネを装着して立体視を体感する3D上映。

各劇場独自の音響システムで立体音響や音の位置によりまるで客席と映像がリンクするかのような演出を取り入れて映画館もあります。

そんな中、私は今回「4DX」という映画の観賞サービスで「スターウォーズ 最後のジェダイ」を観賞してきましたのでご紹介したいと思います。

映画のネタバレは無しです

今まで3D上映、立体音響など様々な映画館独自の観賞方法を体験してきたのですが「4DX」は初めて体験します。

普通の観賞方法では飽きたという方は必見ですよ!

 

4DXとは

4DX搭載機能

4DXとは、3Dのさらに上を行くアトラクション型の映画上映システムです。

 

4DXの構成

3Dメガネ + モーションを座席に組み込んでいる + 劇場全体にフラッシュ効果 + 風・水・臭い・雪・泡・煙演出

※3D上映は含まれない場合もあります

 

・3Dメガネ

3D上映と同じで3Dメガネを装着して観賞する。

 

・モーション・風・水・臭いの効果が組み込まれた座席

座席には4DX用の様々な機能が搭載されている。

座席が前後上下左右に移動する

水しぶきが飛ぶ

風が吹く

臭いが出る

上記の機能を搭載した座席に座り観賞する。

臭いはサツマイモの臭いでした(個人的感想)

おならの臭いじゃなくて良かった本当に良かった…

流石に演出とはいえど不快になる臭いは控えてるっぽいです。

ただ今回は臭い演出は終始、私の言うところの同じサツマイモ臭だったので急にくるサツマイモ臭に何を演出したかったのか頭がついていかなかったです。

今でも思い出せません。どのシーンでどんな意図で臭いがでたっけ?

 

・劇場全体のフラッシュ効果

戦闘シーンの光のラッシュや雷に打たれたような演出のシーンで点滅する。

 

・雪の演出

今回は雪の演出がなかったです。

前作「スターウォーズ フォースの覚醒」であれば雪の舞台があったので演出があったのかな?

 

・泡の演出

そもそも泡で演出するようなぽわぽわでゆるふわな映画が4DXで上映されるのだろうかという怪しいところはありますが、このような演出もあるそうです。

今回はなかったので未体験です。

 

4DX観賞の注意点

4DXは普通の上映方式が違うため通常上映にはないルールがあります。

以下、ユナイテッドシネマ「4DXとは?」引用と実際体験した点も踏まえて補足します。

・安全の為、身長100cm未満の方は4DXをご利用いただけません。
 また120cm以下のお子様は保護者の方と一緒にお楽しみください。

身長が低いお子様は本当に観賞をおすすめできません。

理由は座席の背もたれ部分、成人だと背中に当たる部分に振動機能が施されており、人物が倒れた際にドドっと振動がくるからです。

座高が低いと振動位置が丁度頭部にくるため振動や衝撃が脳にくるため健康を阻害したりと大変危険です。

 

・妊娠中の方、ご年配の方、車いすの方、心臓・首などに障がいのある方、
 身体・精神的に敏感な方、車酔いしやすい方は4DXをご利用いただけません。
 上映中、気分が悪くなった場合は劇場スタッフまでお知らせください。

視覚と体感を融合したアトラクション型のサービスなので、身体のあらゆる部分に振動や音、衝撃が加わります。

健康面で問題ない方が害するほどの衝撃や振動効果はありませんが、身体に疾患があったり障がいのある方は観賞を控えるようおすすめします。

車酔いしやすい方の注意書きもありますが、私は乗り物酔いしやすい体質ですが、全然問題はなかったです。

乗り物内とは違い移動は前後上下左右にだけなので回転は無し。車内の嫌な臭いもあるわけでもないので、その点が乗り物酔いの要因の方は大丈夫かと思います。

しかし、作品ごとに激しさも違うと思うので一概には言えないかもしれません。

どちらにしろ4DX観賞前日はよく睡眠を取り、当日は健康的な状態で観賞されることをおすすめします。

 

・貴重品や壊れやすいものはしっかりとお手元かスクリーン外に設置の専用ロッカーをご利用ください。
 専用ロッカーをご利用の際は、ロッカーに記載の注意事項をご確認ください。
 お客様の所持品が紛失・破損等した場合、保証はいたしかねますのでご了承ください。

劇場スクリーン近くには100円返却用のコインロッカーがあります。

4DX劇場内は様々な4DXのシステムが稼働するので手荷物は邪魔になります。

水しぶきや風など様々な効果があるため物販で購入した物や貴重品は必ず劇場内に入る前にロッカーにしまうようにしましょう。

水しぶき風が演出として出るため人によっては後半少し冷えてくるかもしれません。

ひざ掛けはタオルはあまりおすすめではないかもしれません。座席が動くので揺れ落ちないよう重いか摩擦があるタオル、もしくは持参したコートを羽織るかひざ掛けとして使用するのが良いでしょう。

 

・上映中、座席が激しく動きます。ご飲食の際はご注意をお願いします。
 飲食物がこぼれて衣服が汚れたり、ホットドリンクでやけどなどが起こった場合や、
 上記に起因するお客様同士のトラブルには責任を負いかねますのでご了承ください。
 尚、他店からの飲食物のお持込はご遠慮いただいております。劇場売店をご利用ください。

食べ物は事前に観賞時は劇場で用意された袋に入れるように促されます。

飲み物についてはカップを置く場所は座席にはありますが、座席が揺れ動く、揺れ動いた際に自分または他の人が当たってこぼれる可能性があります。

私が観賞時はみなさんベテランなのか殆どの方がペットボトルでした。

 

・お子様の安全の為、チャイルドシートのご使用や、
 お子様をひざの上に座らせての鑑賞は禁止させていただきます。

上記、観賞時の身長制限同様に小さいお子様との観賞にはまだ不向きなサービスです。

ひざ掛け同様お子様まで落ちていったらシャレになりませんのでご注意を。

 

・安全の為、座席の上に立ったり、上映中に席を離れ歩くなどの行為はご遠慮ください。

特に4DXの時は開演前にトイレ等を済ませておきましょう。劇場マナーとして開演前に済ませておくべきですが、4DXは特に安全上配慮した行動が必要です。

 

・上映中、水が顔や衣類、飲食物などにかかる場合がございますのでご了承ください。
 水の出る演出は肘掛のスイッチ(右手側)でON/OFFを切り替えることができます。
 ※嵐(ストーム)効果については劇場全体の演出効果のため、お手元のスイッチでは止める事ができません。また、座席により効果に差が出る場合がございます。詳しくは劇場スタッフまでお問い合わせください。

これ知らなかったーーー!水しぶき演出は個人的になくても良かったかも。

でも初めての4DX体験だったので全部乗せで体験できて良かったのかな。

 

4DXを選択して観賞するメリット・デメリット

メリット

・座席の前後上下左右の移動でアトラクションのような体験ができる

これの恩恵が一番良く感じました。

特にFPSなどの一人称視点や激しく上下左右にカメラワークが動くシーンは大迫力で画面への没入感が圧倒的に増します。

 

・3Dが意外と見やすい!?

これは素直に技術の進歩を感じたところです。

前(といってもだいぶ前ですが)は3D上映は目の焦点を無理矢理メガネで変換して見ているような感じだったので非常に目が疲れました。

しかし、現在の3Dメガネによる目の疲れは全くなく3Dが見やすかったのが凄く良い点でした。

はっきり見えることで岩肌や物体の浮き上がり、凹凸がはっきりして迫力とリアリティが増していました。

それに加え今回は座席が画面のカメラワークによってさらに物語の世界へと没入できます。

 

・ノイズが気になりにくい?

結構上映が始まると食べ物や袋のカサカサする音って気になりますよね?

神経質ではないのですが私は気になってしまいます。

生理的現象(咳・くしゃみなど)は致し方ないですが不必要な音はやはり気になります。

ですが4DX上映は安全確保のため極力荷物はロッカーに入れて観賞することを推奨されます。

そのため飲み物以外の持ち込みをしている人は私の上映会では見当たらなかったです。

いざ上映が始まったらそれどころじゃないですからね。

ポップコーンとか絶対ひっくり返す!

 

・座席がフカフカ!

座席はおそらく色んな機器を搭載しているため着席に際機会のでっぱりが気になりにくいように厚めに座席を作っているのかもしれません。

見た目分厚くフカフカです!

 

デメリット

・観賞料金が高めの設定

大人料金を例とすると

1800円(大人料金) + 1300円(4DX特別料金)

3Dメガネ購入は+100円

3Dメガネを含むと一回の観賞料金に3200円かかってしまう。

ちなみに3Dメガネは次回以降3D映画観賞の際にも使用可能なため持ち帰りできます。

これは約大人料金二人分なため結構痛い。

しかし劇場の機能が特別なのでこの値段でも妥当な値段です。

一回の上映で消費される電気・水・煙などの特殊効果代が含まれている。

※今回の私の観賞料金が例なので上映形態、地域によって若干異なります。

 

・字幕上映の場合スモークが字幕に重なり見えない瞬間が続いたりする

霧やミステリアスなシーンの場合発生する煙はスクリーンの字幕が表示される場所の前に発生します。

煙が晴れるまで数秒ですが、その間字幕が見えません。

英語が得意な方や雰囲気で映像の内容を理解できる方であれば問題ないのですが、そうでなければ中途半端な演出なのでむしろ無いほうが良いと思います。

画面下全体が煙に覆われるのであればまだ演出として受け入れられるのですが、丁度字幕の部分に集中的にプシュー!!って集まるので言いたかないけど嫌がらせと思ってしまう。

 

・観賞したい作品が全て4DXで体験できるとは限らない

3D上映もそうですが、4DX上映が映える映画だったり、コストもかからのでしょう。ある程度人気や大作などが上映対象となることが多いです。

確かに恋愛映画でベットに押し倒す演出で座席ガクーーってなってもちょっと困る。

 

感想

初4DX体験だったので凄く映画に行くというより、アトラクションに行くようなワクワク感がありました。

今回観賞の映画「スターウォーズ 最後のジェダイ」を例に4DXの感想書いていきたいと思います。

ネタバレ無しです

・予想以上の臨場感と立体感

スターウォーズシリーズではお馴染みの様々な戦艦や戦闘機が空中戦を繰り広げるのが有名です。

これは予想していたのですが空中戦のカメラワークとコクピットから撮影したシーンを4DXで観賞したらどれだけ凄いことか。

それが今回スターウォーズを4DXで観賞してみようと思った最大の理由です。

コクピットシーンであれば近年のテレビゲームやVRで体験できるのですが、傾き振動までは体験することは家庭ではなかなか難しいです

せいぜい手元のコントロールの振動ぐらいです。

思った通り4DXでの映像に合わせた座席の演出は素晴らしく、絶妙に調整されており、一戦闘員としてその世界に溶け込んだ、入り込んだような錯覚を受け心地の良いドキドキ感を体験することができました。

戦闘機が動き回る臨場感、機体がやられてしまった時の喪失感、遠くで儚く散る戦艦地響き。

これらが座席の振動と前後上下左右の移動で体験出来るのだからたまらない!

夢にまで見たスターウォーズの世界にいる感覚が存分に味わえました!

 

・字幕が見えへん!

4DX煙演出

丁度上記画像のような感じ。

画面の煙の演出は正直いらなかったなと思います。

体で体感するのはいいけど映像そのものを妨害する演出は余計かな?

だってドライアイスのような霧の表現が映像にあるのにわざわざその上から煙を重ね掛けして字幕が数秒間見えなくなる効果は必要ないと思います。

水しぶきや風も顔にわざわざ当てるのではなく例えば戦闘機が急降下する時に下から風が出るとかだと急降下する際の髪の逆立つ感じが体感できて良かったかなと思います。

 

・あくまでメインは映画観賞であるという考えはまだこのサービスには浸透していない

4DXはいわば映画とアトラクションが融合したものです。

なのであくまで映画ということが優先されるアトラクションだと良かった。

なにが言いたいかというと体験させる優先度を配慮したサービスに進化して欲しいなということ。

例えば遊園地のアトラクション。あれはアトラクションの臨場感と立体感がメイン

なので動きはガンガンあるし、水もバシャバシャかかるアトラクションもありそれが醍醐味です。

それプラス近年は映像をプラスすることで現実にはない世界観、物語に入り込んだような没入感を演出している。

だから映像はちょっと盛り上げるスパイスでしかない

では4DXは?あれは映画なので映像と音響がメインです。

なので映像や音響を過度に阻害する演出効果は入れるべきではないように感じた。

目の前に水しぶきが当てられ耳元からは演出音響をかき消す風。

映像そのものには煙とアトラクションをメインに取り入れつつあるサービスなのです。

逆にどうでしょう。遊園地のアトラクションで映像がメインだったら。

ジェットコースターなどあれだけの動きをしながら映像メインで二時間も乗せられ続けたらもう地獄です

そういう意味でも照明が雷に打たれたようなシーンをわざわざ画面外で表現する必要もないかな?

映像に雷に打たれたようなフラッシュ出てるし、わざわざ映像を映すために暗くしてるのに光たかなくも…

臭いは不快感に配慮してなのか映像と臭いがリンクしにくいです。だからといってリアル臭でも困るけど。臭いも…いらんかな?

長々と書いてしまいましたが、結論このように映画コンテンツメインであくまでアトラクションはスパイスとして取り入れると非常にバランスが良いサービスだと感じました。

 

まとめ

悪い部分もつらつらと書いてしまいましたが、「3D映像の立体感、風と座席移動での臨場感の演出」は文句なしに素晴らしい体験でした。

みなさんにも一度は体験して欲しい新しい観賞方法です。

余談ですが丁度4DX上映映画を調べていたら「ジオストーム」という映画が公開されるそうです。

キャッチコピーが「ある日、全世界の天気が支配された。」です。

これには爆笑してしまいました!

4DXのために作られたような映画のタイトルとキャッチコピーですが、

4DX演出最大出力で降らす気満々やん!!

意外とコメディのドタバタチックな映画なんかも4DXだと楽しめそうですね!

トムとジェリー」をトム視点で4DXで観賞したら凄そう…

粗削りであると感じましたがVRやARなどの仮想現実に刺激というアトラクション要素を取り入れた演出に偏見はなく個人的には全然ありです。

私もまだ「スターウォーズ 最後のジェダイ」でしか4DX上映を体験していないので気になる作品があればまた別の演出があると思うので是非行ってみたいです。

4DXの値段は少し高いですが、大好きな映画がもし4DXで上映されることになったら是非一度は観賞することをおすすめします。

最後に4DXは観賞料金からもわかる通り、非常に大掛かりな設備のため導入している劇場が限られています。

以下、4DX上映劇場のリンクですので観賞を検討される際、最寄りの劇場をチェックの参考にしていただければと思います。

⇒ ユナイテッドシネマ4DX上映劇場

 

それでは次もね~

 

関連記事(一部広告含む)

4DX感想

よろしければシェアお願いします!