遅い電波に捕まるな!iPhoneでWi-Fiに自動接続させない方法

こんにちは!DAISUKEです。

今回はiPhoneでWi-Fiが勝手に自動接続できないようにする方法をご紹介します。

みなさん、通信業者キャリア店舗や駅周辺、各店舗にいる時こんなことを感じたことはないでしょうか。

急に通信速度が遅くなった。勝手にどこかのフリーWi-Fiに接続されていた。停車駅によって通信速度が安定しないと思ったらWi-Fi接続になっていた。なんてこと心当たりないでしょうか。

その正体はWi-Fiの自動接続機能にあります。

私も毎度自動的に接続される場所を通るときは電波から逃げるようにその場を離れたものです。

なぜWifiに自動接続してしまうのか

iPhoneは一度接続したWi-Fiの接続履歴を持っていてそれに該当するものだと自動で接続してしまいます。自宅Wi-Fiやモバイルルータだと非常に便利な機能ですが、ここ最近Wi-Fiフリースポットの普及で誰でもパスワード無しで接続できるWi-Fiが増えたため、Wi-FiオンのiPhoneが接続できると感知したらユーザの認知していない場所で接続されてしまいます。ですが、Wi-Fiフリースポット自体は良いことで誰でも無料でインターネットが使える便利なものです。しかしその利便性は極めて低く、通信速度が遅く、無作為に接続されてしまう為バッテリーの消費にも大きく影響してきます。

 

フリーWi-Fiはなぜ遅いのか

当たり前の話しではあるのですが、パスワードフリーなWi-Fiということはその周辺で利用しているPC、スマホ、タブレットのユーザーが自動接続していると当然アクセス集中して混線を起こし通信速度が遅くなります。

 

解決策

Wi-Fiの接続を切る

Wi-Fi接続をオフにすることで、Wi-Fiを認識、検索、接続させない。完全にWi-Fiオフの状態にする。

設定方法は以下の2種類

・コントロールセンターからの設定(素早く接続できます

コントロールセンターを立ち上げ

1.ホーム画面下部から上に画面をスワイプしコントロールセンターを立ち上げる。

2.コントロールセンターでWi-Fiマークのアイコンを選択。

3.Wi-Fiがオフになります。

Wi-Fiアイコンが2番の青い状態だと自動接続設定状態。3番の暗い状態が自動接続オフの状態。

 

・ホーム画面設定アイコンからの設定する

1.ホーム画面より「設定」を選択 → 「Wi-Fi」を選択

2.Wi-Fiをオフにする。

メリット

常にWi-Fiに自動接続しない状態にできる(フリーWi-Fiも例外では無い)。

・Wi-Fiの自動接続の検索によるバッテリーの消費を抑えられる

デメリット

・自宅Wi-Fiでネットサーフィンや動画、音楽視聴されている方は自動接続オフの状態のままだと、スマホのパケットを消費してしまう

 

ネットワーク設定をリセットして自動接続されないようにする

iPhoneに記憶されているWi-Fiの接続履歴を一括削除することで全てのWi-Fiが自動接続にならないようになります。

1.ホーム画面「設定」より設定選択 → 「一般」を選択

2.画面最下部の「リセット」を選択

3.「ネットワーク設定をリセット」を選択

4.上記Wi-Fiオン・オフの画面から「i」マークを選び個別にネットワークを削除することもできる。

メリット

・Wi-Fiのオン・オフを切り替えなくても自動接続が防げる。

デメリット

・新たに接続先が出てきた場合、その都度削除が必要。

・一括リセットを行うと自分が使用するWi-Fi(自宅やモバイルルーター)の設定をもう一度しなければならない。

 

Wifiアシスト機能を使う

Wi-Fiアシスト機能とはiOS9から実装された機能で、Wi-Fiの接続状況が悪い場合、自動的にモバイルデータ通信に切り替わる機能です。ただ切り替わりの通信速度の基準をユーザー側で設定することはできません。

1.ホーム画面より「設定」を選択 → 「モバイルデータ」通信を選択

2.画面最下部の「Wi-Fiアシスト」をオンにする

メリット

ユーザーの手を返さず自動的に回線の接続状況の優劣を判断して回線を切り替えてくれるので一度設定してしまえば手放しで使えること。

デメリット

Wi-Fiアシスト機能がモバイル回線にアクセスし、少量であるがパケットを消費してしまう。上記2番の説明でも分かる通り2日Wi-Fiアシストをオンにしたままだと6MB容量を使用した。6MB × 1ヶ月(30日) = 180MB 消費することになる。大容量プランの方は多少余裕があるかもしれないが、1GBの契約の方は約200MBの消費は痛いだろう。

 

まとめ

・多少手間でも通信の利便性を優先するならWi-Fi設定のオン・オフ設定

・根本から見直したいならネットワークのリセット設定

・パケット容量に余裕がある方はWi-Fiアシスト機能の設定

上記3点をそれぞれにあった設定をしてみてください。それぞれにメリット・デメリットはあるものの、まったく未設定よりは快適になるので、ぜひ試してみてください。

 

それでは次もね~

 

関連記事(一部広告含む)

よろしければシェアお願いします!