2017年 夏アニメ おすすめ 10選

こんにちは、DAISUKEです。

夏アニメも始まり3週間が経ちます。

そろそろ皆さんの中でも今期一押しアニメが決まり出そろってきた頃だと思います。

しかし、全てチェックするわけにはいきませんよね?

中には1話で観るのをやめてしまったが実はその後の展開から面白くなってきて

また見始めたなんてこともあるでしょう。

そんな隠れた名作を掘り当てみなさんと共有するのもまた醍醐味であります。

今期は私が見てきたアニメで今後の展開が楽しみなアニメを10個選出しましたので

参考にして頂き、私と今後の展開を楽しみましょう!!

吉と出るか凶と出るか。それでは張り切って!!

次期アニメおすすめもぜひ

2017年 秋アニメ おすすめ 10選

 

・夏アニメおすすめ10選

RWBY Volume 1-3: The Beginning

2013年から無料配信され2015年12月9日には日本語吹き替え版が劇場版としてVol1~Vol3まで順次公開された。

人気は高いが、外国産のアニメのせいか意外と日本ではまだ認知がされていない。

だが日本アニメを意識して制作されているため非常に日本語吹き替え版とのマッチは最高である。

今回のテレビアニメ版はVol1~Vol3までの特別編集版。

このテレビアニメ版をへてさらに10月7日からはVol4の日本語吹き替え版が劇場公開される。

私も各Volを2回ずつ観賞しているぐらいはまっており、自信をもっておすすめできる作品だ。

とにかくアクションがすごくまるで演武を見ているようなスタイリッシュな動きでギャグはアメリカンジョークを混ぜて見事な日本と外国の融合コンテンツといえる。

 

ボールルームへようこそ

竹内友により月刊少年マガジンで連載されている。競技ダンスをテーマに描かれた作品。

制作は作画に定評があるProduction I.G。キャラクターデザインはハイキューのキャラクターデザインで好評だった岸田 隆宏が担当。

ハイキューでもそうだが非常に体のしなりを誇張して表現しており結果それが今回の競技ダンスのしなやかな動きを表現していて見ていてうっとりする。

 

賭ケグルイ

河本ほむら原作・尚村透作画により月刊ガンガンJOKERで連載されている。ギャンブルが秩序の学校を舞台にした作品。

アニメ化前より登場する女性キャラがギャンブルにより快感を表情にする際の女の子がそんな顔しちゃいけませんが存分に拝めるアニメ。狂気なその表情は絶望感をいやというほど表現されている。

私もEDでは主人公の蛇喰 夢子がウォークするだけのEDなのだが、そのウォークなぜだか真似したくなる(というかED時はテレビの前でいつもこう)。

 

アホガール

ヒロユキにより週刊少年マガジンをへて別冊少年マガジンに移籍して連載されている。

キレのあるツッコミギャグマンガを得意としており、今回のアニメ化作品は女性を清々しいまでのアホさのあまり躊躇なく殴り飛ばす様が見ていて清々しい。夫婦漫才の究極ともいえるそのボケとツッコミはアニメになりさらにパワーアップしている。

また、今回OPを担当しているangelaの「全力☆Summer!」はある種彼らの方向性を惑わすものとなっているが中毒性が高い楽曲という点での方向性にブレはないのであろう。

バ~ナ~ナ~は~や~しょ~く~

 

NEW GAME!!

今日も一日がんばるぞい!で一躍大ブレイクした得能正太郎による4コマ漫画作品。まんがタイムきららキャラットで連載されている。

1期で人間関係がだいたいはっきりして、それぞれが春を迎えて心機一転な始まり。

キャラクターデザイン、作画が非常に原作に近く、マンガがそのまま動いているようなアニメに仕上がっていて原作ファン冥利に尽きる

作品となっている。それだけにかわいさMaxで楽しめるアニメだ。

 

バチカン奇跡調査官

藤木稟による角川ホラー文庫のミステリーノベルシリーズである。イラスト的に女性向きかなと思いつつ観賞していたがそうではなく

奇跡かはたまた人の手によるものかの境目をさまようかのごとく謎に迫るそのテーマは超常現象好きとしては非常に心躍るテーマであり

今後の展開が非常に気になる作品である。画面全体が暗い感じではあるが奇跡の背景がいつもぼんやりとしている現実世界と似ているような雰囲気が私は好きです。

 

てーきゅう9期

ルーツ原作、Piyo作画によりコミック アース・スターで連載されている。テニス部に所属する女子高校生4人の日常をツッコミどころ満載で描く漫画である。

まだやるんかい!!う・そ、ありがとう9期。短編アニメの制約だからこそ表現できる早口によるキレッキレのボケとツッコミ。それでいてさすがはプロ。

あんなに早口でも聞き取りやすく、視聴者がボケとツッコミの犠牲にならずに楽しめるアニメ。今期もOP、EDともに個性的というかふざけ加減が非常にいい。

内容もくっだんねーなーと思いつつ、こうゆうギャグ一番弱いのやめてと童心の心をわしづかみなアニメである。

始まったばかりだが10期ついに2桁の大台目前となったこのアニメ果たしてストックの尽きた果てにはないが待ち受けているのか!!つづく

 

信長の忍び〜伊勢・金ヶ崎篇〜

重野なおきによりヤングアニマルで連載されている。すごくキャラクターデザインがかわいく、申し訳ないですが原作よりかわいいです。

しかし内容は笑いあり、涙あり、感動ありと戦国の世を面白おかしく時にほろりと短編アニメの名作といってもいい内容です。

OPも儚げでちょっと切なくそれでいて明るくと見ていて元気になるアニメ作品となっている。

 

地獄少女 宵伽

2005年から2009年にかけて第1期~第3期が放送、2017年に4期が放送中のテレビアニメ。憎い人間を地獄へ送るミステリーホラー。

キャッチコピーだけでも過激なだけに企画当初は~なんて話しはどこへやら。4期まで放送されちゃいますよ。嬉しいですけどね。

相変わらず現実世界にぽっかり非現実が舞い降りて現実を喰う感じ。たまりませんな~3期の放送から間が空いたせいかLINEのようなSNSが登場してなんか時が経ったなとしみじみ思います。

 

18if

原作は2015年3月12日にサービス開始されたモブキャストのスマートフォン向けゲーム『【18】キミト ツナガル パズル』。

夢と現実世界の干渉をテーマに描かれる作品。

実はこのアニメを一番紹介したかった!!OPの楽曲に引き込まれ、一話こそ作画に不安を残しつつもその異様な空間の雰囲気に

やられ二話目も視聴。やられた!!2話目でつたつたと語られる狂気。それが現実世界への直接的干渉、その力は誰にでもあるというある種危険な思想。何もかも引き込まれてしまい。今後の展開が楽しみで仕方がない。昔の作品だが「Serial experiments lain」や「リンダキューブ」のような狂った世界観が好きでそのせいもあるだろう。特に2話はこの不安になるような作画はもしかしてわざとこの崩れた狂った世界観を表現するためのものではないかと勘ぐってしまう。だったらものすごいことである。

 

・まとめ

今期のアニメはミステリー色が強く夏の背筋をゾクゾクっとまさにうってつけのラインナップだ。

さらには暑くもアホなほど青春しているアニメも盛りだくさんだ。

それぞれ今後の展開と最終回どのような結末となるか。期待はずれかもしれないし期待以上かもしれない。

それは各々の目で感じてぜひ確かめてほしい。

それでは次もね~

 

 

 

よろしければシェアお願いします!